自然エネルギーが日本に普及した社会を予想する 再エネ先進国の事例を踏まえて

自然エネルギーが日本に普及した社会を予想する 再エネ先進国の事例を踏まえて
再エネが普及した未来を予想する

現在世界中で普及が進みつつある、いわゆる自然エネルギーが日本に普及した場合の社会について、研究論文や最先端の報告書のレビューを踏まえて

1)いま普及が進んでいる自然エネルギーの種類
2) 自然エネルギーの普及による社会への影響と電力供給の仕組みの変化
3)国内外における自然エネルギーの普及状況

といった3つの視点から予想します。

 

1)自然エネルギーとはそもそも何なのか

石炭・火力発電所は世界の経済成長を発展させてきた基盤であった一方、エネルギー枯渇問題の懸念や地球環境、それに温暖化への負の影響が懸念されています。そのような中、代替エネルギーとして地球環境への影響が少ないとされる再生可能エネルギー、ゼロエミッションエネルギー、自然エネルギーというキーワードが普及・浸透してきました。これらの言葉は、既に新聞で見かけない日がないほどにメジャーな単語になっています。

現在では232もの文献で引用されている自然エネルギー電力に関する基盤情報を提供する論文の著者であるUlleberg氏は1998年に発表した自身のその著名な論文の中で「エネルギーは再生可能ではないので、私は自然エネルギーというキーワードの方が好きだ」*1と主張しています。

主張の内容は議論の余地があるとして、“自然エネルギー”は“再生可能エネルギー”と似通っているキーワードとして位置付けられています。実際に、Google の検索エンジンで”再生可能エネルギー”は約 9,670,000 件の検索結果が表示される一方、”自然エネルギー”は約 5,320,000 件の検索結果が表示され、その差は約半分です。

Ulleberg氏は自然エネルギーについて、自然現象を駆動する、もしくは活性化するエネルギーとして定義しており、電力の動力資源としては太陽光(光・熱)、水力、風力、バイオ、波力、地熱を列挙しています*1。要は自然界で得られる動力や動植物等の生物資源をエネルギー源とする電力を「自然エネルギー」という文言で集約できそうです。

 

2)自然エネルギーの普及による社会への影響と電力供給の仕組みの変化

自然エネルギーが普及した社会を予想するに当たって、再生可能エネルギーの国際論文誌で最も引用数の多い論文誌の一つであるRenewable and Sustainable Energy Reviewsで発表されたEllabban氏らの論文では、一般的な自然エネルギーの普及が社会に与える影響について、バイオマスを例に以下のような環境と経済に対する利点を列挙しています*2

表1 自然エネルギーの普及が社会に与える影響*2

環境的な利点 ➢    化石燃料や石油製品への依存度の低減とそれに伴う温室効果ガス排出量の削減

➢    スモッグと有毒化学物質の排出量の削減

➢    埋立地が必要とされる廃棄物の使用量削減

経済的な利点 ➢    比較的安価なエネルギー資源

➢    分散エネルギー源によるエネルギー提供の安定性と信頼性や価格安定性

➢    農村地域における雇用機会の創出

➢    技術の輸出機会の創出

➢    未利用バイオマス資源の利用

バイオマス発電については、間伐更新や補植等の緑地管理だけでなく、緑地更新による若い植物の葉緑体活性度合いの向上などによってさらなるCO2吸収量が得られる*3*4といった環境への利点も影響します。これらの利点はコベネフィット(相乗便益)になります。

上述したように、Ellabban氏らは既存電力ではこれまでに経済的な理由から電力供給地域になり得なかったような地域でも、自然エネルギーであれば分散型エネルギー源としての電力供給地域になり得ると述べています*2

したがって、電力供給の仕組みが集中型から分散型になります。これによって、火力発電所や原子力発電所等の集中型のリスクとされてきた、震災による広域への電力供給がストップしてしまうような可能性が大きく改善されます。

また、農村地域が分散型エネルギー源になることで、雇用機会や地域コミュニティの創出に繋がります。また、これまで放棄されていた樹林の土地利用も、バイオマス発電への資源供給が可能になることで、未利用バイオマス資源の利用に繋がる効果も期待できるでしょう。