地球環境を守りながら世界を変える! SDGsのしくみと自然エネルギー

地球環境を守りながら世界を変える! SDGsのしくみと自然エネルギー

  「誰一人取り残さない」(no one left behind)を謳い文句に、2015年、国連のサミットでSDGs(持続可能な開発目標)を含む「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」(以下、「2030アジェンダ」)が採択されました。この「持続可能な」とはどのような意味でしょうか。2030年までに達成されるべき「開発目標」とは何でしょう。 そして、自然エネルギーとの関連は・・・?

SDGs(持続可能な開発目標)とは

ここではSDGsの概要についてお話しします。

~「持続可能な開発」とは~

2015年9月の国連総会サミットで、SDGs(持続可能な開発目標)が採択されました。
まず、「持続可能な開発」(Sustainable Development)とはどのようなものでしょうか。

この概念は、「環境と開発に関する世界委員会」が1987年に公表した報告書‘Our Common Future’の中心的な考え方で、その報告書では将来の世代の欲求を満たしつつ,現在の世代の欲求も満足させるような開発」1) と定義されています。

原語である英語の‘Sustainable’ は、「維持できる」、「持続可能な」という意味と、「(地球)環境を破壊しない」、「地球にやさしい」という意味を併せ持っています。つまり、「環境と開発は両立することができるものであり、環境保全を考慮しながら、節度ある開発をすることが重要である」という考えを表しているのです。

さて、SDGsの理念と目標は「2030アジェンダ」に詳しく記されています。

外務省が日本語に仮訳した「2030アジェンダ」2) には、「極端な貧困を含む、あらゆる形態と様相の貧困を撲滅することが最も大きな地球規模の課題であり、持続可能な開発のための不可欠な必須条件である」(pp.1-2 [2])と書かれています。

~SDGs採択の背景:「ミレニアム開発目標」(MDGs)の後継~

次にSDGsが採択された背景についてみていきましょう。

SDGsの前身は2001年に策定された「ミレニアム開発目標」(Millennium Development Goals:MDGs)です。このMDGsは、開発途上国を対象とした開発目標として、以下の8つの目標を設定しました。

図1.ミレニアム開発目標(MDGs)の8つの目標
出典:外務省HP「ミレニアム開発目標」
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/doukou/mdgs.html

これらの目標の達成期限は2015年でしたが、以上の目標のうち、目標1「極度の貧困と飢餓の撲滅」や目標6「HIV/エイズ、マラリア、その他の疫病の蔓延の防止」は達成したものの、目標4「乳幼児死亡率の削減」や目標5「妊産婦の健康の改善」は未達成だったり、地域によって達成が遅れたりました。

そこで、MDGsの後継として、残された課題を含む新たな目標を定めたものがSDGsで、その達成期限は2030年に設定されています。