自然エネルギーを主力とするエネルギーミックスとは?

自然エネルギーを主力とするエネルギーミックスとは?
エネルギーミックスとは?

エネルギーミックスとは、安定したエネルギー供給を確保するために特定の電源に頼らず、国や地域の状況に合わせてバランス良く組み合わされた電源構成のことを指す言葉です。

しかし、エネルギーミックスはもう1つの意味合いを持っています。

2015年7月、経済産業省により「長期エネルギー需給見通し」が策定され、2030年ごろを目途に実現すべきエネルギーミックスが示されました。それ以降、日本では単に「エネルギーミックス」というときでも、特定の2030年ごろに実現すべきエネルギーミックスのことをいう場合があります。

この記事においても、これ以降で述べる「エネルギーミックス」は、2030年度にあるべき日本のエネルギーの姿を指します。

図 1 2030年エネルギーミックス
*出典:資源エネルギー庁長官官房総合政策課「日本におけるエネルギー政策策定の経緯と今後の計画」

 

図1は2030年に実現を目指すエネルギーミックスの概要を示した図です。それでは、この図1に示された内容を1つずつ確認していきましょう。

エネルギーミックスが求められる背景

日本のエネルギーの中心である化石燃料は、ほとんどが海外からの輸入に依存しています。図2では主要国の一次エネルギーの自給率を比較した結果を示しています。これを見ると、2015年時点での日本のエネルギー自給率は7.4%しかありません。1位のノルウェーと比較すると100分の1程度しか自給できていないのが現状なのです。

エネルギー自給率が低いと、エネルギーを巡る国内外の状況の変化に影響を受けやすくなってしまいます。実際に1970~80年代にかけて2度も日本を襲ったオイルショックは、第4次中東戦争やイラン・イラク戦争など、中東諸国の情勢が大きく影響していました。海外のエネルギーに依存することはエネルギー供給を不安定なものにしてしまうのです。(*2)

図 2  主要国の一次エネルギー自給率比較(2015)
*出典:経済産業省エネルギー庁 「2017年度版 日本のエネルギー『エネルギーの今を知る20の質問』」

このような背景から、エネルギー政策の着実な遂行を確保することを目的として2002年6月に「エネルギー基本法」が制定され、エネルギー需給に関する政策についての中長期的な基本方針を示した「エネルギー基本計画」が策定されました。そして、このエネルギー基本計画は少なくとも3年ごとに検討を行い、必要に応じて変更することが定められています。(*3)

また、2011年3月の東日本大震災以降、原子力発電を巡った活発な議論が交わされるようになり、国民のエネルギー問題への関心が急速に高まりました。そのため、さらに安全・安定したエネルギー供給が求められ、2030年度のエネルギーミックス実現が望まれているのです。(*4)

エネルギーミックスの基本方針

エネルギーミックスでは、エネルギーの「3E+S」に則った政策目標が立てられています。「3E+S」はそれぞれ、安全性(Safety)・安定供給(Energy Security)・経済効率性(Economic Efficiency)・環境適合(Environment)の頭文字をとったものです。

図 3 2030年エネルギーミックス実現に向けた政策目標
*出典:経済産業省エネルギー庁 「2017年度版 日本のエネルギー『エネルギーの今を知る20の質問』」

図3で示されているのは、エネルギーミックス実現に向けた政策目標の概要です。この目標を1つずつ確認してみましょう。

まず、最も重要なのが安全性に関する目標です。安全性は大前提とされており、事故や災害等でも安全性を確保できる耐性や規制基準を取り入れることが目指されています。

また、安定供給の面ではエネルギー自給率について東日本大震災前(約20%)を上回る、おおむね25%まで改善すること、そして経済効率性に関しては経済成長を支援するためにも電力コストを現状よりも引き下げることが目標とされています。さらに環境適合に関する目標としては欧米に遜色ない温室効果ガスの削減が掲げられており、日本も先進国の一員として地球温暖化対策への意欲的な姿勢を見せています。(*4)