自然エネルギーで電気自動車を充電! AIとの連携により需要に対応

自然エネルギーで電気自動車を充電! AIとの連携により需要に対応

近年、地球温暖化対策の観点から二酸化炭素排出量の少ない電気自動車に注目が集まっています。
一方で電気自動車を走行させるための電力をつくる際に二酸化炭素が発生するため、本当は環境に良くないのでは?と不安を感じる人もいるでしょう。

しかし、自然エネルギーを利用した発電設備による電力によって電気自動車への充電を行うことで、この不安は解消できます。
すなわち、電気自動車と自然エネルギーはセットである、と私たちはとらえています。

そこで今回は、近年需要が高まっている電気自動車と自然エネルギー、そしてAIとの関係について紹介します。

電気自動車・プラグインハイブリッド自動車の普及

近年、二酸化炭素やメタンガスなどの温室効果ガスによる地球温暖化が問題となっているため、温室効果ガス排出量の少ない自動車の普及が望まれています。
温室効果ガス排出量の少ない自動車というと、電気自動車(EV)の他、プラグインハイブリッド自動車(PHV)・燃料電池自動車(FCV)・ハイブリッド自動車(HEV)などの次世代エコカーがそれにあたります。

まずは、次世代エコカーについて説明します。電気自動車はバッテリーに蓄えられた電力によってモーターを動かし走行するため、二酸化炭素を排出しません。そして、プラグインハイブリッド自動車およびハイブリッド自動車は電気のみまたは電気とガソリンの併用で走行可能なので、ガソリン車に比べ二酸化炭素の排出量が減らせます。また、燃料電池自動車は水素と酸素の化学反応によって発生した電力で走行するため、温室効果ガスを排出しません。

そして近年、地球環境負荷の少ない次世代エコカーの普及に向けて、多くの自治体が活動を始めました。例えば大阪府では「2台に1台をエコカーに」を目標として、2020年度に電気自動車31,000台、プラグインハイブリッド自動車22,000台の保有を目指し、次世代エコカーの展示やPRなどの推進活動を続けています。

そして各自治体の次世代エコカーの普及活動により、日本国内の次世代エコカーの販売台数は大きく増加します
2016年には28,868台であったのに対し、2017年には倍近くの58,920台が販売されました。

急速充電施設の需要が高まっている

さて、電気自動車やプラグインハイブリッド自動車には電力の供給を行う急速充電施設が不可欠です。プラグインハイブリッド自動車は電欠になってもガソリンを使用して走行を続けられますが、電気自動車は電気がなければ走行できません。

そして、近年の次世代エコカーの普及によって、多くのガソリンスタンドや商業施設などで電気自動車用の充電設備が見られるようになりました。しかしながら、未だに急速充電施設が十分に設置されていない地域もあります。

経済産業省のEV・PHVロードマップ検討会「都道府県別 急速充電器設置数」によると、充電設備の設置密度は都道府県別にみるとバラつきが見受けられます。このため、日本国内すべての地域にバラつきなく充電設備を設置することが近年の課題となっています。