青い地球を未来につなぐ。

We Take Action for the Blue Planet.
青い地球を未来につなぐ。

 

今、世界中で気候変動に対する意識や関心が非常に高まっています。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、2018年10月に新たな評価報告書を発表しました。その中では、地球温暖化を工業化以前の水準から2℃以上ではなく、1.5℃に抑えることで、気候変動による多くの影響を回避することができると述べました。そして、1.5℃に抑えるためには「全世界の人為的な正味二酸化炭素(CO2)排出量は、2030年までに2010年の水準から約45%減少させ、2050年頃に『正味ゼロ』を達成する必要があります」。*1

今年の9月23日には、ニューヨークにて「国連気候行動サミット」が開催されます。本会合に出席する全てのリーダーに対し、「今後10年間で温室効果ガス排出量を45%削減し、2050年までに正味ゼロ・エミッションを達成するために、2020年までに自国が決定する貢献(NDCs)を強化するための具体的、現実的計画」をもって臨むよう、アントニオ・グテーレス国連事務総長は呼びかけています。

そして若者たちの間では、スウェーデンの16歳の少女、グレタ・トゥーンベリさんが政府にパリ協定を遵守する形での二酸化炭素の排出削減を求めて、2018年8月から毎週金曜日に始めたストライキが、「Fridays For Future」という形でヨーロッパをはじめ100万人を超える規模で世界中に広まりました。*2

そしてそんな若者たちのストライキに賛同する形で、今月、9月20日から27日にかけては「Global Climate Strike」が世界各地で行われます。*3

9月20日に行われる「グローバル気候マーチ」は、すでに117か国での開催が決定、世界中の人たちが行動を起こします。*4

地球に、今、何が起きているのか?

世界ではそれに対して、何が始まってるのか?

そして、わたしたち一人一人には何ができるのか?

自然電力のメディア「HATCH」をはじめ、地球に起きている気候変動問題、それに対して世界で起きている動きを知ることのできる情報を一部、以下にまとめました。

ぜひご一読ください。

 

*1:「IPCCプレスリリース」国際連合広報センター, 2018/10/16 https://www.unic.or.jp/news_press/info/30738/

*2: Fridays For Future, https://www.fridaysforfuture.org/

*3: Global Climate Strike, https://ja.globalclimatestrike.net/

*4: 「グローバル気候マーチ117カ国で実行予定」, Global Climate Strike, https://ja.globalclimatestrike.net/media/

 

「地球に、今何が起きているのか知りたい(気候変動)」

 

「世界では、どんな動きが始まっているのか知りたい」

 

「わたしにできることを知りたい」

\ HATCHメールマガジンのおしらせ /

HATCHでは登録をしていただいた方に、メールマガジンを月一回のペースでお届けしています。

メルマガでは、おすすめ記事の抜粋や、HATCHを運営する自然電力グループの最新のニュース、編集部によるサステナビリティ関連の小話などを発信しています。

登録は以下のリンクから行えます。ぜひご登録ください。

▶︎メルマガ登録

\ 自然電力からのおしらせ /

1MW(メガワット)の太陽光発電所で杉の木何本分のCO2を削減できるでしょう?
答えは約5万2千本分。1MWの太陽光発電所には約1.6haの土地が必要です。

太陽光発電事業にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

国内外で10年間の実績をもつ自然電力グループが、サポートさせていただきます。

▶︎お問い合わせフォーム

▶︎太陽光発電事業について詳しく見る

▶︎自然電力グループについて

ぜひ自然電力のSNSをフォローお願いします!

Twitter @HATCH_JPN
Instagram @shizen.energy.group
Facebook @shizenenergy

メルマガ登録